ファミリー・サポート・センター
 

子育てや介護の手助けが必要な人(利用会員)とお手伝いができる人(協力会員)が、会員となって、地域の中でお互いに助け合っていく制度です。
  • 育児サポート・・・子どもを持つすべての方に対してサービスを提供します。
  • 介護サポート・・・軽易でかつ専門以外の援助活動で、会ができる範囲のサービスの提供をします。

       


活動・利用についての詳細はこちら>>
  
 

育児サポート


子どもを持つすべての方に対してサービスを提供します。
  • 保育園、幼稚園開始前後の世話・送迎
  • 小学校の放課後の世話
  • 病後児の預かり・宿泊を伴う預かり
  • その他臨時的突発的な世話
  • 親の社会参加の際の世話(1対1の対応)
  • 一時預かり



① 活動にあたっては、安全を第一とします。
  (専門的保育やしつけは行いません。)
② お子様を預かる場所は、原則として協力会員の自宅ですが、会員相互間で決めることもできます。
③ けが、事故等を誘発しないよう、部屋の中を片付けていただきます。
  (高価な置き物、危険度の高い物、ポット・はさみ・棒等)
④ 子どもの健康状態に注意してください。
  (顔色、体温、便等)
⑤ 子どもの心の安定を図るため、時間に余裕をもってお預かりするようにしています。
⑥ 主協力会員が活動できない場合は、副協力会員が対応します。
  副協力会員も都合が悪い際は、サブ・リーダーが対応します。
  (連絡は、まず事務局へ。休日は直接協力会員へ。)
⑦ 当日の活動状況を、連絡ノートに記入し、利用会員にお渡しするようにしています。
  利用会員は、必ず目を通し状況を確認してください。
⑧ 食事、おやつ、飲み物、手拭き、おむつ、おもちゃ、着替え等、子どもに必要なもの一式は、利用会員に用意していただきます。

     
ときには、お父さんやお母さんが子育てを離れて、スポーツやショッピング、講習会に行く時、また、心身共に疲れたときなど、自分自身の時間を持つためにも利用していただけます。


 

介護サポート


軽易でかつ専門以外の援助活動で、会ができる範囲のサービスの提供をします。
  • 食事の準備や後片付
  • 部屋の掃除
  • 衣類の洗濯
  • 通院(薬取りを含む)付添
  • 買い物、散歩等の付添
  • 見守り、話相手
  • その他、軽易な介護



  • 在宅介護
① 在宅で介護を行っている家族の支援をします。
② 相手の健康状態や家族の状況をよく把握したうえで、支援します。
③ 相手の立場を理解し、生活習慣を大切にして、自立を支援します。
  (自分で出来ることは、自分で行うよう仕向けます)
④ 人格を尊重し、言動に十分気をつけて活動するようにします。
⑤ 金銭管理は出来ませんので、ご了承いただきます。
⑥ 複数、あるいはローテーションを組んで対応することもあります。

  • 病院、通院、外出介助
① 家族の介護の範囲内での活動となります。
② 自分の健康管理に注意して活動していただきます。
③ 活動にあたって、うがい・手洗い・消毒を忘れずに実行してください。
④ 活動開始、終了等の際、看護師との連携を大事してください。
⑤ 病院の決まりに従って活動することになっています。
⑥ 疑問を感じた場合は、速やかに事務局へ連絡してください。
⑦ 安全第一、障害物に注意して介助するよう心掛けてください。
⑧ 家族に代わっての介護の場合は、活動中の様子を家族に伝えて下さい。


 

お問い合わせ先


一般社団法人ライフ・ケア・ひたち 事務局 
 (日立ファミリー・サポート・センター)

〒317-0064 茨城県日立市神峰町1-10-1 日立市子どもすくすくセンター内
電話 0294-27-6633 (平日9時~17時)  FAX 0294-23-5523

メールでのお問い合わせはこちら>>
交通アクセス>>